人気blogランキングに登録しましたわーい(嬉しい顔)できればクリックしてくださると嬉しいです晴れ

2007年01月23日

参考書、問題集は自分で選ぶのがいい

我が家の子どもは2歳違いなので、兄に買った参考書や問題集をそのまま妹に使わせていました。

二人使えるのだから・・・という気持ちもあり、いいと思うものを兄に合わせて、惜しみなく買っていたのです。

しかし・・・。

成績のいい兄と勉強が好きでない妹という結果になってしまいました。

5年生から学研の漢字九九カードを漢字学習に使用しており、これは学習したところを切り離してリングに止めていくため、使いまわすのはちょっとかわいそうちっ(怒った顔)

そこで、妹用に新品を購入しました。

すると、漢字の勉強だけはとてもがんばってするのです。

早く小学6年生のも買ってくれと催促されるほどでした。

まさかexclamationと思い、娘を連れて書籍売り場に行くことにしました。

わーい(嬉しい顔)「自分で選んだ問題集やったら、がんばってやる。お兄ちゃんのとちゃうのん」

ということ。

なるほどひらめき参考書でも自分で選び、自分専用のがほしかったのか!

そこで娘に

「単元ごとに分かれているのを買って、全部できたらまた一緒に買いに来るっていうのはどう?買いに来るたびにケーキセットのおまけをつけるで」

と言ってみました。

わーい(嬉しい顔)「めちゃくちゃがんばるでー」

とのこと。

ちょっとしたことで、やる気を出させることができるものなのですね。

塾代に比べたら、頻繁に問題集を購入するなんて安いもの。

ケーキセットにつられて、がんばってくれるのならば、ありがたいことです。

どうなるかはこれからですが、6年生が少し楽しみになってきました。
posted by チャト at 14:08| Comment(3) | オモシロ勉強法>参考書の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。