人気blogランキングに登録しましたわーい(嬉しい顔)できればクリックしてくださると嬉しいです晴れ

2007年09月14日

読書感想文

娘の読書感想文が、学校代表に選ばれたそうです。

驚いたのは娘本人!

作文なんか大嫌いで、宿題だからイヤイヤ書いた感想文だったのに・・・。

がく〜(落胆した顔)「お母さん。三行分ほど、本を移したところがあるねん。あらすじやけど・・・。」

ふらふら「あらすじやし、三枚の中の三行で、後は自分で書いたんやろ。まあしゃあないやん」

ふらふら「お兄ちゃんに、こんな時どう表現したらいいってきいて、お兄ちゃんが言ったとおりに書いたとこもいっぱいやねん」

ふらふら「お兄ちゃんは表現力あるからなあ。まあ、ほとんど自分で書いたんやろ。今更しかたないやん」

確かに、息子の方は小学校時代から作文が得意で、さらっと書いた作文で、表彰されることもしばしばという子でした。

しかし、娘の方は作文が大の苦手!

まさかの学校代表に汗がタラーリ!

もしかして、かなり兄に頼って仕上げたのか?

我が家では、宿題を親が手伝うということはしません。

でも、娘は時々、兄に頼っているようです。

宿題代行サービスに、お金を払ってやってもらう家庭もあると、新聞で読みました。

親がする家もあるらしいし・・・。

妹が兄に頼るくらいは仕方ないかと大目に見ていたのですが・・・。

「こういうことを表現したいねん。なんて書いたらいい?」

とお兄ちゃんに聞きながら仕上げたらしい感想文。

それが、職員会議にかけられ、学校中の先生に読んでいただき、代表になったそうです。

まあ8割以上は自分で書いたということで、いいんじゃないですか。

posted by チャト at 16:36| Comment(2) | 小学生生活>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
娘さん、読書感想文の学校代表おめでとうございます。
(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

夏休みの宿題で大変といえば・・・
感想文ですよね。
わがおちびも今年も学校代表で選ばれたんですが、
選出に当たって教科の先生から、
「まず大丈夫だとは思うけど・・・」という前置きの後、
パソコンからの『盗作・引用』などしてないか何度も念を押されたようです。
(おちびの場合、体験をもとに書いている事が多いのでその点では心配ないのですがね)
↑でも、こういう世の中になったんですね。
おちびも、またその話を聞いた私もびっくりでした。
Posted by ゆん at 2007年09月19日 11:09
ゆんちゃん
そうなのですね。おちびちゃんも作文上手。
作文には素質が必要なようで、息子にあって娘にないようです・・・。
でも、なんでも盗作を疑わなくてはいけないなんて、嫌な時代になりましたね・・・。
Posted by チャト at 2007年09月19日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。