人気blogランキングに登録しましたわーい(嬉しい顔)できればクリックしてくださると嬉しいです晴れ

2007年09月29日

公立中学校で学べること

息子は地元の公立中学校に通っています。

公立なので、いろんな子どもが通っています。

息子のクラスに多動児がいます。

授業中にぶつぶつ言っていたり、ウロウロしていたり、人の言っていることをどこまで理解しているのか、わからないところがありますが、ある一定の分野においてはすさまじい能力を見せるそうです。

しかし、自分に対して向けられる悪意のある行為に対しては、容赦なくはむかってくるそうで、悪意の感じられる言動、行動をとった生徒に対して、執拗に殴る蹴るの暴力をふるまうのだそうです。

先生が注意しても、うまく治まらないようで、しばらく暴力を振るわれ続けるのだそうです。

息子はそういう子どもに対して、悪意のある行動をすることはなく、小学校から一度も暴力のターゲットになったことはなかったのですが・・・・・。

事件が起こりました。

運動会の行進練習で、息子は彼の斜め後ろを歩いていたのだそうです。

すぐ後ろを歩いていた生徒が、彼の背中を小突きからかったそうです。

しかし、その生徒は小突いた後、自分がしたとわからないようにすっと逃げました。

彼が振り返った時、そこには息子しかいなくて、彼は息子がからかったものと勘違いしました。

その日から連日、息子に対して、殴る蹴るの暴力が始まったのだそうです。

彼はとても体格がよいので、力も強く身体中にあざができるほどです。

息子はそんなことが学校で起こっていると一言も話さなかったので、彼のお母さんから謝罪の電話をいただいた時には心底驚きました。

続いて、本当に彼を小突いた生徒の保護者からも謝罪の電話があり、

担任の先生からも謝罪の電話があり、全てを理解しました。

先生が、彼にからかったのは息子ではなく、別の生徒であること、暴力はいかなる場合においてもいけないことを、何度も話し、実際にからかった生徒が、息子と彼に謝罪したところ、その日から息子への暴力は止まったのだそうです。

先生が

「数日間殴られていたようですが、息子さんは一度も殴り返したり、からかったのは△△やとか、告げ口のようなことはしなかったようです。えらかったと褒めてあげました」

とおっしゃいました。

心にジーンとくるものがあって、感動しました。

帰宅した息子に聞くと

「そんなん、あいつを殴り返すなんてできへんやん。告げ口かってできひん」

と当たり前のように答えてくれ、ますます嬉しくなりました。

昨年、仲のいい友人と喧嘩したとき、殴り合いをして、学校から呼び出しがかかったのに、

障害を持っている子どもから殴られていてもガマンをしていたんだと、熱いものがこみ上げ、いい経験をしているんだなと、感じた事件でした。

世の中にはいろんな人がいます。

公立中学校はその縮図のようなところで、毎日大変な経験をしている、それは心の成長に繋がるように思いました。

posted by チャト at 09:36| Comment(6) | 子育て>経験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

これも縁?

息子が幼稚園の頃、気が優しくて引っ込み思案だったのが気がかりで、強くなってほしくて、近所の道場に柔道を習いに行かせることにしました。

小学校一年生の夏休みから通い始め、小学校を卒業するまでとりあえず続けたという感じで、中学入学と同時にやめたのですが、最後まで柔道が好きにはなれなかったようです。

兄に付いて行き、道場の片隅で遊んでいた娘・・・。

どうしても入会したいと言うので、小学校に入学と同時に入会し、柔道を習うことになりましたが、

もう、楽しくて楽しくて、学校よりも楽しいと言ったくらい柔道好きになりました。

中だるみはあったものの、小学6年生になった今も

「柔道は本当に面白いわあ」

と言って機嫌よく通っています。

だけど、中学に入学したら、なにか部活をしたら道場には時間的に通えなくなるから、小学校の間で終わりかなあなんて思っていたら・・・・。

娘が来春入学する中学に、新しく赴任してきた体育の先生が、なんと柔道の名手!

今年から柔道部ができてしまいました。

しかも、娘の柔道の先生のお友達なのだそうです。

道場に行くと

「お前、中学も柔道部な!○○先生が待ってるで」

とすでにお誘いを受けているとのこと・・・・。

元々、娘に柔道を習わせる気はなかったのに、なにかズルズルと柔道少女へと導かれてしまっているような・・・・。

これも縁なのでしょうか?
posted by チャト at 17:30| Comment(2) | 習い事>柔道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

読書感想文

娘の読書感想文が、学校代表に選ばれたそうです。

驚いたのは娘本人!

作文なんか大嫌いで、宿題だからイヤイヤ書いた感想文だったのに・・・。

がく〜(落胆した顔)「お母さん。三行分ほど、本を移したところがあるねん。あらすじやけど・・・。」

ふらふら「あらすじやし、三枚の中の三行で、後は自分で書いたんやろ。まあしゃあないやん」

ふらふら「お兄ちゃんに、こんな時どう表現したらいいってきいて、お兄ちゃんが言ったとおりに書いたとこもいっぱいやねん」

ふらふら「お兄ちゃんは表現力あるからなあ。まあ、ほとんど自分で書いたんやろ。今更しかたないやん」

確かに、息子の方は小学校時代から作文が得意で、さらっと書いた作文で、表彰されることもしばしばという子でした。

しかし、娘の方は作文が大の苦手!

まさかの学校代表に汗がタラーリ!

もしかして、かなり兄に頼って仕上げたのか?

我が家では、宿題を親が手伝うということはしません。

でも、娘は時々、兄に頼っているようです。

宿題代行サービスに、お金を払ってやってもらう家庭もあると、新聞で読みました。

親がする家もあるらしいし・・・。

妹が兄に頼るくらいは仕方ないかと大目に見ていたのですが・・・。

「こういうことを表現したいねん。なんて書いたらいい?」

とお兄ちゃんに聞きながら仕上げたらしい感想文。

それが、職員会議にかけられ、学校中の先生に読んでいただき、代表になったそうです。

まあ8割以上は自分で書いたということで、いいんじゃないですか。

posted by チャト at 16:36| Comment(2) | 小学生生活>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

女子マラソン

世界陸上の女子マラソンは、我が家から500メートルほど離れたところも走ります。

せっかくだからと、早起きして沿道に応援に行きました。

一瞬で通り過ぎてしまいました。

ケニアの選手はとても迫力があり、見ごたえたっぷり。

娘が自転車で追いかけていましたが、全く追いつきません。

自転車よりもはるかに早いスピードで、42,195キロメートルも走るのですね。

大阪国際女子マラソンも、自宅の近くを走りますが、あまり見に行ったことはありません。(寒い季節だし)

でも、世界陸上が大阪で開催されるなんて、もうないかもしれないし、行っておかなきゃと思ったのですが、見に行って良かったです。

娘は、初日に学校から長居競技場まで見に行っていました。

知らない選手ばかりで、陸上に興味もなかったはずなのに、大興奮して帰ってきて、この一週間はテレビで必死で観戦していました。

生で見るというのは、すごい刺激になるのですね。

土佐礼子選手。おめでとうございます。



posted by チャト at 15:44| Comment(2) | その他>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。