人気blogランキングに登録しましたわーい(嬉しい顔)できればクリックしてくださると嬉しいです晴れ

2007年07月31日

護身術

護身術の一日講座に子ども達と共に参加しました。

マットレスを敷いて、転び方の練習を40分くらい。

つかまれた手の振りほどき方、後ろから抱きつかれた時の対策、大声を出す練習などなど。

とっさの時に使えるようになるには、日ごろから練習しておくことが大切なようです。

自宅に帰ってからも、少し練習しました。

身体が覚えるにはまだまだ時間がかかりそうです。

だけど、時々はやっておこうと思いました。

さて、子ども達・・・・。

小学校6年間、柔道の道場に通っています。

何も言っていなかったのに、先生はすぐに気付きました。

「柔道やっているね。受身が完璧に取れているよ。君くらいのレベルなら一歩上の護身術で大丈夫。ここで踏み込んで、更にこうすると悪いやつは逃げていくから」

と私が習ったのより、高等な技術を教えてもらっていました。

身体が覚えているのですね。

そういえば、ローラーシューズが流行っていた頃、仰向けに転びそうになったのに、あっと思った瞬間に地面に手をバーンとついて、起き上がってきたり、自転車で転びそうになっても、自転車はこけているのに、娘は立っていたり、ととっさに受身を取っていたことがなんどもあったっけ!

同じ道場に通う子どもが、車に轢かれて跳ね飛ばされたのに、とっさに前回りのような受身で、一回転してそのまま立ち上がり、かすり傷ですんだと話していたこともあります。

身体が覚えるってすごいことだと感心しました。
posted by チャト at 11:10| Comment(0) | 習い事>柔道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

ラジオ体操

私の住んでいる地域は、不思議なほどラジオ体操が盛んな地域です。

初めて参加した10年前には、心底驚きました。

近所の人に誘われて、朝6時半に子どもと一緒に公園に行くと、100人を超える子ども達が来ていたのですから。

私の実家のあたりではせいぜい、20人くらいだったので、この辺りの人ってすごいなあと感心したものです。

しかし、しばらくしてその原因がわかりました。

皆勤賞の子どもには、図書カードがもらえるのです。
なるほど・・・・。

参加人数が多いと同級生も多いので、夏休み期間に友達と会えることを楽しみに、また足を運ぶようになり・・・・・。

ラジオ体操の後、そのまま公園で遊んで、9時ごろに帰宅するという夏休みをおくるようになりました。

こうして、どんどん盛んになっていったそうなのです。

息子も小学6年間皆勤賞でした。

だけど、中学生になったとたんみんな来なくなるのです。

だから、今は娘だけが参加しています。

毎朝、6時に目覚ましかけて、自分で起きてラジオ体操に出かけていきます。

旅行の予定を考える時も

「ラジオ体操のある期間は外してや」

と言われてしまうので、いつもお盆過ぎのラジオ体操期間が終わってからです。

目当てはなんでも、少し羨ましい気がします。

大人になって、ラジオ体操に通った夏休みも、一つの懐かしい思い出になるんだから。



posted by チャト at 20:26| Comment(2) | 小学生生活>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

天神祭 天神祭

日本三大祭りの一つと言われる『天神祭』に行ってきました。

近くに住んでいますが、足を運んだのは十数年ぶりのことです。

とにかくすごい人で、身動きがとれない恐ろしい人混みでした。

いつも行く地元神社の祭りとは大違い。

本当は天満宮にお参りしたかったのに、人の多さに嫌気がさし、諦めて引き返しました。

子ども達も自宅を出る前は

「射的したーい。」

「ベビーカステラ食べたい」

とはしゃいでいたのに

「もういいわ。人に疲れた。」

と結局冷やしパインを食べただけ。

船を数艇見て、花火も少しだけ見て、

「座ってゆっくり休めるところにいきたーい」

とドトールコーヒーで、ワッフルとアイスココアを飲むことに・・・・。

何をしに行ったんだか?

という状態になってしまいました。

天神祭りの底力を見せてもらった!

タグ:天神祭
posted by チャト at 14:53| Comment(2) | その他>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

もうすぐ夏休み

私ももうすぐ夏休みです。

給食のおばちゃんになって初めての夏休み。

待ち遠しい。

もう、子ども達は夏休みに入っていますが、給食のおばちゃんは長期休暇に突入する前の大掃除におわれています。

ムシがわかないように消毒消毒。

普段は念入りに洗えないお鍋も、力いっぱいゴシゴシ。

網戸、窓ガラス。

まるで年末の大掃除のよう!

でも、それも明日で終わり、明後日からやっと給食のおばちゃんも夏休みに入れるのです。

シーンと静まり返った小学校で、給食室だけが賑やかです。

さあ、夏休みを楽しむぞお。

posted by チャト at 20:41| Comment(0) | 仕事>給食調理員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

格差社会?怪物親?

息子の中学で林間学舎がありました。

欠席者が多いことにとても驚かされました。

5%程度の生徒が欠席したのです。

息子に聞くと

「貧乏やから、金払われへんかったらしい」

と言うのです。

景気回復と言われていますが、年々、学校納入費を滞納する親は、息子の学校でも増えているそうです。

格差社会で本当に払えない家が増えたのか、林間学舎なんて無駄と払おうとしない親が増えたのか、

どちらにしても驚きでした。

子どもの気持ちはどうなんだろう?

みんなと一緒に行きたかったんじゃないのかなあ?

小学校で先日あった臨海学舎には欠席者はいなかったと聞いたのですが、

中学生になると本人も行きたがらなくなり、親も無駄と思うのでしょうか?

今しかない中学生生活なのに・・・・。

参加してほしいものです。

posted by チャト at 11:34| Comment(4) | 中学生生活>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

のだめカンタービレ続編決定!

月九ドラマ『のだめカンタービレ』の続編が新春スペシャルとして放送されるそうです。

う、う、嬉しい。

テレビドラマですっかりはまり、原作コミックもドラマのDVDも買ってしまった私。

待望のパリ編が、またあの上野樹里ちゃん、玉木宏さんでやってもらえるなんて・・・。

本当に待ち遠しいです。

詳しくはフジテレビのニュース

でも、ニュースを見て驚きました。

ものすごく売れたんですって、ドラマDVD。

続編は無理と思われていたのに、ドラマ終了後もサイトへの書き込みが後を絶たず、リクエストに応えての続編決定!

私のようにはまった人が多いということでしょうか。

8月には兵庫芸術文化センターで行われる、のだめカンタービレの世界というコンサートに行く予定です。

コブクロは行かないと言った息子も、こちらのコンサートには

「行く」

と言ったので、娘の分と息子の分と私の分、三人分で

19500円かかりましたが、きっとそれ以上の価値があるはず・・・・。

楽しみです。

しかし、息子の価値観はよくわかりません・・・。


posted by チャト at 16:17| Comment(0) | テレビ番組>バラエティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

中学生のお友達

息子は中学二年生です。

今のクラスメートで特に○○君と仲良し!とかいうことがなく、だからと言って、1人ポツンとしているわけでもなく、その時々で近所の席の子たちと、わいわい話したりしながら、休み時間を過ごしているそうです。

放課後は部活の友達と過ごし、塾でも塾の友達と話しているようです。

うちの息子だけでなく、全体にそんな感じだそうです。

一方、娘は小学六年生ですが、クラス替えのたびに、仲良しグループを作り、昨年のクラスメートとはすっかり疎遠に、という感じです。

こういう傾向は、中学生の女の子ではもっと激しいようで、林間学校の班分けで、女子はもめにもめ、男子は誰でもいいから、あっさり決まるんだそうです。

今の中学生は、友達作りが下手になってきているという記事を読んだことがあります。

部活に塾にと、放課後がとても忙しいので、クラスメートとは休み時間だけの付き合いになってしまうからでしょうか?

自分自身の中学生だった頃を思い出すと、放課後はいつもクラスメートと過ごしていました。

休日もクラスメートと過ごしていました。

今でもはっきりと思い出せるくらい楽しい中学生生活でした。

グループを作ってしまう女の子だったからでしょうか?

女の子と男の子、やっぱり全然違う生き物なんですね。




posted by チャト at 17:56| Comment(0) | 中学生生活>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

お母さん

娘はとても勝気な性格です。

兄にも父にも先生にも友達にも、友達のお母さんにでも、ハキハキとしゃべり、自己主張します。

そんな娘が、唯一、自分を抑える相手はなんと私です。

夫が

「なんで、お母さんにだけ従順なんやろ?そう押さえつけてるわけでもないのになあ」

としみじみ言ってきました。

「そんなん簡単やん。私だけは怒らせたら実害があるねん。小学生はどこ行くのでも、まだまだ保護者同伴でないと行かれへんやん。私はおそらく誰のお母さんにも負けんくらい、いろいろ付き合って行ってるやん。友達までつれて行ってるやん。ユニバーサルスタジオ、コンサート、カラオケ、ボーリング、お祭り。あの娘の行きたいところ、私を怒らせたら、付き添ってもらわれんかったら行かれへんねん。お父さんは映画くらいやん付き合うの。この差は大きいで。」

と言っておきました。

私は、娘を連れて、本当にあちこち出かけています。

ホテルランチをご馳走することも・・・・。

自分で行けるようになったら、従順でなくなるのかなあ?

それもまあいいか!
posted by チャト at 19:48| Comment(4) | 小学生生活>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

コブクロのコンサート

コブクロの大阪城ホールでのコンサートに行ってきました。

娘と友人母娘と私の4人で、感動しまくって、その後毎日コブクロづけですわーい(嬉しい顔)

私は若い頃から、コンサートというものがとても好きで、あまり聴いたことのないアーティストでも、誘われると一緒に行きます。

だから、独身の頃はよく誘われ、たくさんのアーティストのコンサートを見ています。

オフコース、チャゲ&アスカ、サザンオールスターズ、松田聖子、杉山清隆、大沢誉志幸、尾崎亜美、山下久美子、角松敏生、横山喜一、小田和正・・・・。

もっと行ったかも?

家で、CD(昔はレコード)で聴くより、はるかに歌唱力があるなあって感じたのは、

尾崎亜美とコブクロです。

尾崎亜美は大学時代に友人誘われて、二曲くらいしか聴いたことなかったのに、コンサートに行って、その歌唱力と音楽に対する真剣さに惚れ、その後全てのアルバムを買ったという、コンサートからファンになったアーティストです。

コブクロは、三年前にも一度行っていて、今回が二回目です。三年前、

「あー、尾崎亜美以来の、ライブの方がはるかにすごいと思うアーティストだ!」

と感動したのを覚えています。

とにかく、まじめに真剣に音楽をやっているというのが伝わってきて気持ちがよく、98%の努力と1%の才能と1%の運で成功したんじゃないか?

と思いました。

とても才能のあるアーティストだけれど、その98倍くらいの努力をしているなって感じるところがあり、成功して当然の二人だと思いました。

娘に見せてあげることができて本当に良かったです。

まじめにがんばることの素晴らしさや大切さを、感じ取ってもらえたんじゃないかって、思うとうれしくなります。

私も、まじめにがんばって生きていこうって、思える素敵な夜になりました。

もちろん、まじめさばかりじゃなく、盛り上がらせ方、楽しませ方、笑わせ方・・・全てが素晴らしかったです。

ありがとうございました。


タグ:コブクロ
posted by チャト at 10:49| Comment(4) | その他>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。