人気blogランキングに登録しましたわーい(嬉しい顔)できればクリックしてくださると嬉しいです晴れ

2007年02月28日

早起きは三文の得?

私には、とても弱いものがあります・・・・ふらふら

どうやら血筋のようで、息子も妹も私に輪をかけて弱いです。

そして、東京タワーの主人公の中川雅也・・・リリーフランキーさんも、同じように弱いようで・・・・。

です。昔から弱くて起きられません。もうやだ〜(悲しい顔)

いろいろな手を試してみたのですがどうも、得策がなくて、今もって弱いです。

といっても、中学生の息子のお弁当は作らなくては・・・・ふらふら

目覚ましなんていつ鳴ったの?という感じになるのですが、こんな私でも電話がなると起きられるのです。

携帯を枕元に置いて・・・。三日くらいでした。

携帯をリビングに置いておく方が、止めるのに歩かなくてはいけないので起きられます。

で、最近はリビングに携帯を置いて、ビデオをセットしておいて、朝にドラマを見ています。

明日の朝なら、ボーッとしたまま「ハケンの品格」を視ることになるでしょう・・わーい(嬉しい顔)

テレビというのは、ほっておいても、集中力をテレビに向けさせることができるように、ありとあらゆる手段を使っているものなのだそうです。

だから、ボーッとしていてもなんとか集中してきて、頭が起きてくるようです。ドラマを一本視ると、もうすっかり目覚めています。

受身でありながら、集中させてもらえて、頭をすっきりさせてくれる。

朝に弱い私は、朝にテレビタイムを持ってくることで、目覚めスッキリさせています。

(逆に、夜にあまりテレビを視ると、受身でないと集中できないようになって、集中力低下に繋がり、受験生にはよくないらしいです)

朝からドラマ・・・。私にはこれが一番効いているのですが、それには早起き
しなくてはなりません。一時間も視るのですから・・・。

だけど、朝ごはんまでに、起きてからたっぷりと時間が経っているので、もりもりしっかり食べられて、一日がいい感じになります。

みなさんはどのようにして、起きていらっしゃるのかしら?

そんなことばかりを集めてある「朝時間.jp」というポータルサイトもあります。

今の時代ですごいですね。

私が学生の頃なんて、せいぜい雑誌の特集のテーマという感じだったので、なんか早起きするいい方法ないかなあ?なんて思っても、雑誌の特集を待つ、という状態だったのに・・。

インターネット世代が少し羨ましい・・・。

「朝時間.jp」では、一言朝宣言というコンテンツがあって、今日の一言をアップする一言朝宣言ダイアリーで、「今日は図書館に行こう」とかほんの一言を毎日書く、ダイアリーがあります。

小さな一言だけど、いろんな人のいろんな一言が読めてとても面白いです。

朝美人のレッスン・・・では朝美人になるコツを教えてもらえます。

朝美人・・・いい響きハートたち(複数ハート)

快適お目覚めの術・・・では、ちょっとドキッとするような、耳の痛いことも書かれています。

睡眠博士になれそうなくらい、睡眠について、きっちりと書かれているので、参考にしているのです。

最近の私、

ちゃんと起きてる!

あれだけ弱かった朝なのに・・・。

早起きできるようになると、一日が有意義ですよね。



posted by チャト at 14:10| Comment(4) | その他>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

もしかして、インフルエンザ?

この前の土日と、娘が風邪をひいていました。

熱は平熱のままで咳と鼻水と筋肉痛・・・。

正確に言うと、平熱が36.5度の娘が、最高で36.9度になっていました。

まあでも発熱とは言わないよな・・・。

と思いながら、二日間を過ごし・・・。回復しました。

日曜日の夜から、息子が咳を連発。

あーやっぱりうつったか!

と思っていたら、月曜日の朝には39度の高熱になっていました。

もともと、娘は熱を出しにくく、息子は高熱を出しやすいタイプ。

娘の症状からみて、インフルエンザということはないだろう!

こんな状態で病院に行ったら、抵抗力なくてインフルエンザをもらうかも知れないし、余計に疲れて悪化しそう、自宅で寝かせておこう・・・。

と判断したのですが、

今現在も38度の熱です。

そして今日、息子の担任から電話があり

「一年一組は半数が欠席で、うち何人かはインフルエンザです。学級閉鎖になりました」

とのこと

えっ?学級閉鎖?インフルエンザ?

もしかして、息子の熱は、妹からうつった風邪ではなく、学校でもらってきたインフルエンザ菌?がく〜(落胆した顔)

大変!でも今更タミフル飲んでも効かないよなあ?

飛び降りられても怖いなあ。

明日の朝も熱が下がっていなかったら、病院に行くしかないな・・・。

でも、明日から学年末テストだったのに・・・。

テストは受けられそうにない息子ですもうやだ〜(悲しい顔)

今のところ、私も主人も元気です。娘もインフルエンザに罹っているようには見えない。

息子が学校からもらってきていたのなら、今から家族で寝込むんだろうか?

posted by チャト at 17:24| Comment(4) | その他>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

小一の壁

「小1の壁」

子どもを保育所に預けながら、就労を続けてきた女性が、子どもが、小学一年生になると遅くまで預かってくれるところがなく、やめてしまうケースが多かったそうです。

しかし、企業に人手不足から、放課後10時まで預かってくれる、学童保育が次々とオープンする・・・。

というニュースを見ました。

少し、羨ましいなあって思いました。

私が結婚して退社したころは、バブル後のリストラが進められている時代。

子どもを産んでも、会社にいられるという雰囲気は全くありませんでした。

というよりも、私の働いていた会社では既婚女性は珍しい存在で、結婚=退社、の図式が当然という風潮。

今が結婚適齢期なら、どういう選択をするんだろう?

子どもと過ごした時間は貴重で有意義なものだったけれど、働くママへの憧れもあります。

最近子どもに手がかからなくなってきて、やはり外にでて働こうかなあ?と思うことも多いです。

ただ、幸いなことに、私のような年齢の人も、雇用環境は良くなったようです。

後一年で娘も中学生です。

今後をしっかり考えなくては・・・。


posted by チャト at 12:36| Comment(2) | その他>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

公立高校のテスト問題

朝刊に、昨日の大阪府公立高校の前期試験の問題と解答が掲載されていました。

二年経ったら、息子もこれを受けるのかア・・・。

数学と英語を解いてみました。

70%くらいの正解率・・・。

うーん、長年やっていなかった割にはできた方じゃないか?と自画自賛。

大学生の頃に、家庭教師のアルバイトを何人かしたから、中学の数学と英語は、その頃に勉強しなおしたけど・・・。

と、そんなことを思いながら、午前中を過ごしていたら、目がちかちかしてきました。

ん?

なんで?

老眼か?

新聞の見にくい字を見ながら、一生懸命に考えたから、頭もなんか疲れているし。

二教科でこんなに疲れるんなら、五教科もテストを受ける受験生。

きっとぐったりです。

やっぱり、脳も鍛えておかないと、ふんばりがききません
posted by チャト at 16:06| Comment(0) | その他>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

不器用な子どもの学用品

うちの息子はとても不器用なので、せめて使い勝手のいい学用品をと、結構こだわって買っています。

愛用品は、コクヨのユニバーサルデザインシリーズ

もともと、障害のある人でも使えるように・・・というコンセプトがあるので、とても使い勝手のいいものが多いです。

だけど、鉛筆はキャラクターのものを購入していたんですよね。

だけど、先日ブログに、他のものは安物でも、シャーペンの芯だけは、高級なものを使えば、字が変わる

と書いておられた方がいて・・・・。

そうだったのか!

と早速、文房具屋さんに走りました。

その方が勧められていたのは、シャープ替芯 Hi-uni 0.5mm 40本入り 強く、濃く、なめらか・・・最高級シャープ替芯!だったのですが、うちの息子は鉛筆派。

同じ高級芯を使っている鉛筆を買ってきました

でも、高い・・・・。

びっくりしました。三菱鉛筆 Hi-uni(ハイユニ) 1ダース
これ、1ダースで1600円くらいでした。

フリーダイヤル「すごいね。お母さん、思い切ったね」

と息子・・・。

ちっ(怒った顔)「これで、あなたの字が少しでもましになるのなら・・・・。はあっ。」

とわらをもすがる思いだったのですが、

その心が届いたのかどうか、昨日、学年末テストの勉強をしている息子のノートに、なにやら赤い字で先生の書き込みが・・・・。

そこにはこう書かれていました。

文法のプリント、とても丁寧な字で書かれています。この調子でがんばれ!
息子の悪筆に心を痛めてくださっていたのか、よくがんばりましたのハンコを3個押してくださっていました。

私が、いきなり、高い鉛筆を買ってきたものだから、母の心を察したのか、がんばって丁寧に書いているようなのです。

芯がいいのか気持ちの持ちようか?

なにわともあれ、息子の字かきれいになりますように・・・。合掌


posted by チャト at 14:05| Comment(2) | 小学生生活>学用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

ベネッセの社長が辞任?

びっくりしました。

ベネッセの森本昌義社長が女性問題が週刊誌に掲載されるために辞任!

先日の『カンブリア宮殿』で、その経営手腕を見ていたところだったのに・・・。

67歳で女性問題・・・・・。

年齢とニュースのギャップにも驚かされます。


記事の真実はどうあれ、有能な方が教育産業からいなくなることは悲しいことです。

私生活はどうあれ、子どもの教育のことを真剣に考えてくださる方ならば、残ってほしかったと思います。

私も森本社長のカンブリア宮殿の感想を記事にしたところだったのに・・・。

今後のベネッセに期待します。(うちは取っていませんが・・・)
ラベル:ベネッセ
posted by チャト at 15:10| Comment(0) | その他>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

さようなら、ありがとう

主人の実家で飼っていた猫が、亡くなりました。

22年と半年、主人の実家で飼われていました。

子猫を拾ってきたのは、当時小学生だった義妹だそうです。

子ども達にかわいがられて成長した猫ちゃんは、それぞれが成人し、結婚して家を離れていくのを、ずっと見守っていたのでしょうか?

22年間、家族の癒しとなっていた猫ちゃんは、今度は空から家族を見守るのかもしれません。

長い間ありがとう!
posted by チャト at 18:07| Comment(2) | その他>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

ゆとり教育

夕べの『カンブリア宮殿』を見ていました。

ゲストは森本昌義(ベネッセコーポレーション社長)さん

順調だったベネッセの会員数を減らしたのは、なんとゆとり教育!

学力低下に危機感を抱いた保護者が、私立中学や塾に、子どもの教育をゆだねるようになったためだそうです。

しかし、地域ごと、学力別など、テキストを分けたところ、V字回復で会員数が伸びているんだとか・・・・。

不景気不景気と言われていた三年前でも、通信教育をやめ、塾や私立中学に通わせる!

それだけ、我が子の学力低下に敏感だということでしょうか

塾のないような地域で、とてもたくさんの方が通信教育を受けておられました。

本当にみんな関心が高いのですね。

息子も中学生なので、同級生の保護者と進学や塾や成績の話をすることもよくあります。

大阪に住んでいるためか、周辺にはとても塾が多く、ほとんどの中学生がどこかの塾に通っているという感じです。

通信教育で勉強しているというのは少数派です。

子ども自身が、塾に行っていないと不安になって、親に

「塾に行きたい」

と言ってくると聞いています。

ゆとり教育を最も不安に思っているのは子ども自身かもしれません

posted by チャト at 13:24| Comment(2) | テレビ番組>バラエティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

数学検定

息子の通う塾では、漢検と英検を年に一度必ず受けなくてはなりません。
息子の通う中学では、英検と数検を学校で受けることができます。
この、必ず受けなくてはならないのと、受けることができるのとでは、子どもの感覚で大きく違うようなのです

当然のように塾でしか受験しません。(数検だけ受けていません)

だけど、数学は中学生に最も大切な科目だと思うので、できれば数検も受けてほしいのです。

( ・∀・)「なあ、なんで数検受けへんの?数学は中学生にとって、一番がんばらなあかん教科やで。お母さんが最近読んでいた本には、数学の点数で合否が決まる!。思考力が一番伸びる中学生に最も有効な教科は数学!と書いてたで。」

|・_」・| 「補習があるねんな。数検受ける子だけの・・・。」

( ・∀・)「補習?よりいいやん。タダで勉強教えてもらえるんやろ?塾なんかなんぼかかる思ってんのん」

|・_」・| 「まあな、でもお母さんがそう言うんやったら、次から受けることにするわ。○○も△△も受けてて、どんな感じか興味はあったし」

と上記のような会話をしたのは秋のことなのですが、息子は根っから素直なタイプで、この頃から数学中心の勉強に変わりました。

前回の数検を学校で受けていた友人達が、息子にはとてもウマの合う子ども達だったようです。話をしていておもしろいと感じる子が多く受験しており、私の後押しもあって、数検を受験する気になったようです。

力を入れるというのはすごいもので、最近の成績が最も伸びたのは、やはり数学でした

資格

やはり励みになるのでしょう。

本年度に受けた、英検、漢検はすべて合格しています。検定があるというだけで、それに向けての勉強をする。

目標があるというのはすごいことですね。

数検も受けていたら・・・。もう少し早くから、数学の力を付けることができたかもしれないな・・・。惜しいことをした。

息子を見ていて、小学生の娘にもつかえるかも?と思っています。

娘は中学受験するわけでもないので、目標がなく、勉強にもやる気がありません。
目標を持たせるという教育方法に、検定試験はとても有効な気がしてきました

数検は小学4年生から受けられるようだし、いい目標になるかもしれない。

 (余談ですが、私はいろいろな本を読みますが、子どもに関する本を読むときには、できるだけ子どもの前で読むようにしています。そうすることで、お母さんの勝手な意見じゃなくて、お母さんが自分達のことを勉強した上で言っていることなんだ!という印象を与え、説得力がるんじゃないかと思っています)

2月1日から数学検定の個人受験の申し込みが始まりました。

よし、娘の説得にかからなきゃ!

数学検定
   





posted by チャト at 11:06| Comment(2) | 中学生生活>勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

三才の青空

三才の青空という詩集があります。

著者はひかりのくにで絵本を書いておられるひがしおあやこ先生です。

ひがしお先生は絵本を書く傍ら、地域の会館で週に1度の幼児教室をされていました。20年間、三歳児ばかりの幼児教室です。

数年前にお孫さんの面倒をじっくりみたいと幼児教室をやめられ、20年間の子どもとのふれあいを詩集としてまとめられたのが三才の青空です。

うちの子どもたちはこの幼児教室でお世話になっていました。

公園で一日のほとんどを過ごしていた頃、正直に言って、本当に生活が苦しく、とても幼児教室に行かしてあげられる余裕はありませんでした。

だけど、毎日一緒に公園に来ていた保護者から、

「素晴らしい先生やよ。ここに住んでいて、あそこに行かせないのはもったいないよ。1度見学に行かない?」

と誘われ、見学だけでもと足を運びました。

先生にお会いし、この先生が息子の生まれて初めて出会う先生になるんなら、無理してでもここに通わせたい!と強く思いました。

自宅に帰り、旧姓の貯金通帳を確認。よし、これを使ってでも、ここに通わせようと決心し、すぐに申し込みをしました。

週に1度、本当に毎週心待ちにしていた息子。

娘も友人からの3年保育で幼稚園に行かせよう、という誘いを断り、まず、ひがしお先生のお世話になりました。

子ども達が、先生というのは、子どもの味方で、優しくて、でも時には怖くて、だけど、自分達のことをとても大切にしてくれる、そういう存在なんだ!という印象を持つことができたのは、先生のおかげです。

生まれて初めての先生が、どんな人だったか?で先生に対する印象が違ったものになります

幼稚園の先生、保育園の先生、幼児教室の先生。

子どもの心を大切にしてほしいですね

ひがしお先生の絵本


すっとんだちょうべい




posted by チャト at 11:58| Comment(4) | 本>幼児から小学生向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

要約力、コメント力

前から気になっていた斎藤孝さんの三色ボールペンで読む日本語を読みました。

以前に『世界一受けたい授業』に出演し、紹介しておられた時から、気になっていて、やっと読んだという感じです。

本を読むときに、ボールペンで線を引きながら読んでいくのですが、

 まあ大事というところは すごく大事と思うところは おもしろいと思うところに

と色に意味があるのです。

で、この3色ボールペン方式は、要約力、コメント力を育てるのに、絶大な効果があるということなのです。

大事なところに線を引くということが、要約の基本となるからということなのです。

なるほど・・・・。

作文力や、読解力を育てるのにも、いいんだろうな。

子ども達にもすすめてみよう。


こうして、ブログを書いているというのは、言いたいことを要約しているのだから、やっぱり要約力、コメント力がついているのかしら?

そんな気がするな。

ブログ世代は、意外と作文や長文読解に困らない世代になるのかも?


3色ボールペン方式で、今日の記事を色分けしてみました。
posted by チャト at 17:05| Comment(0) | 本>保護者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

バレンタインデー

小学生の娘は『友チョコ』配りに忙しそうにしています。

今日、学校でたくさんの『友チョコ』をもらったそうです。

帰宅した娘が

「学校に持って行っていいんやったんやあ。みんなにもらったから、持って行ったらよかったって思ったわ。今から持って行って来るな」

と行って、一昨日に作っておいたチョコを持って、雨の中を出て行きました。

いや、学校に持って行ってはいけないだろうちっ(怒った顔)と思いましたが、あえてそこの部分には触れず、

「気をつけて行ってらっしゃい」

と声をかけ、家を出したのですが・・・・。

娘は1月から、『友チョコ』作りの練習を繰り返していました。

今日持って歩いているのは、3週連続作ったトリュフです。

もらってきたチョコも、見事に手作りです。

小学生も大変です。

手作りチョコの品評会のようなバレンタインデーになりつつあるのかしら?
posted by チャト at 16:11| Comment(2) | 小学生生活>友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

早くしなさい。勉強しなさい。

友人と一緒に教育講演会に行ってきました。

親の説教の中で、全く役に立たない、いや、むしろマイナスにしかならない言葉

勉強しなさい。
早くしなさい。



時計親からテレビを見ながら

「早く寝なさい。」

と言われて、

どんっ(衝撃)お母さんは大人だから、夜遅くまでテレビを見ていていいんだ。ボクは子どもだから、お母さんはボクの健康のために早く寝なさいって言ってくれているんだ手(チョキ)

なんて思える子どもがいるわけないんです。

テレビを消して、寝る雰囲気を作れば、子どもは布団に入るようです。

「早くしなさい」の実験をした番組がありました。

保護者に一週間、「早く」という言葉を使わないで過ごしてもらうのです。

子どもは普段どおりの生活をおくったそうです。

寝る時間も遅くならなければ、キチンとお風呂にも入り、宿題もする。

「早く」と言われなくても、全く困らない。


だけど、親の方は、驚くほど言葉を飲み込み苦しみました。

いかに、「早く」という言葉を、使っているのか、思い知ったのは親の方でした。

どうしても、必要な「早く」はほとんどないのですね。


 (私の両親はほとんど「早く」って言わない人だったのに、私はよく言っているような気がします。反省反省ふらふら


いす「勉強しなさい」

と言われて、

お母さんがボクの将来のために勉強しなさい!と言ってくれていると思えることは、ありえない話で、内心の反発をかっているだけ。

テストの結果が悪かったら、内容を見て、

「計算間違いは、一問もないね。丁寧に計算できたね。だけど、割合のところが完全に理解できてないのかもしれないね。割合のことがわかる本をさがしてみようか」

と具体的に勉強法を示してあげる方が、机に向うらしいのです。



本当は子どもだって、勉強するよりテレビを見ている方がいいし、遅くまで起きてテレビを見られるなら、見たいんですよね。

親は遅くまで、勉強もしないでテレビを見ているのに、

言葉だけで、躾なんて、無理ということですね。

耳の痛いお話でした。





ラベル:子育て
posted by チャト at 17:19| Comment(5) | 子育て>お説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

安物買いの銭失い

半年ほど前、長年使っていたCDが6枚入るコンポが壊れ、取り急ぎ家電量販店でラジカセタイプの安いものを買ってきました。

一枚しか入らなくても、入れ替えればいいじゃないか!と思っていたのですが・・・。

ずっと6枚入れっぱなしだったのを、入れ替えるのが面倒で同じのばかりを聴くようになってしまいました。

子どもが勉強用の英単語のCDを入れたら、もう音楽のに戻すことも面倒になってきて、やっぱり不便だなあと思い始め、結局5枚入るコンポを買ってしまいました。

とりあえず、CDチェンジャー5枚のコンポに子ども達はとても嬉しそうです。

リビングをちょっといじって、ドンと設置されたコンポ。

小さいながらもピカッ!


半年前に買ってしまったラジカセタイプ、捨てるには惜しいし、どこに置いておこう・・・。


あー安物買いの銭失いとはこのことだなあふらふら

やっぱり初めから、ほしいものを購入するべきですね。
posted by チャト at 17:20| Comment(2) | その他>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

算数とオモチャ

小学5年生の娘は、算数をちょっと難しいと思っているようです。5年生は、割合、面積、分数とつまづきポイントが多いんだとか。

ちょっと対策を考えなければと、算数と数学のつまづくポイントについて書かれている本を読んでいました。

すると、ー(長音記号2)もっともつまづきやすいのは、立体図形。立体の展開図を頭の中で想像するのは、経験のない子には難しいものですー(長音記号2)

というようなことが書かれていました。

幼い頃に、立体の展開図を想像できるようなオモチャで遊んでいた子は、つまづかないんだそうです。

なるほど、そういえば息子はブロックやつみきでよく遊んでいたけれど、娘は・・・・・ふらふら

経験に勝る勉強法はないのですね。

私は、木製のオモチャが好きで、よく買っていました。

今も木製のものだけは人に譲らず、リビングに飾っています。

甥っ子、姪っ子にプレゼントする時も、木製のものを選んでいます。

今度プレゼントするなら、木製積木かな?

なんて思いながら、通販ショッピングサイトを見ていました。


(スウェーデンのおもちゃメーカーBRIOのカラー積木です。ブナの植樹にも参加し、環境にも配慮したメーカーです)


posted by チャト at 11:58| Comment(0) | その他>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

リニューアルキャンペーン

シーサーブログがリニューアルされて、キャンペーンをやっています。

で、商品がなんか豪華なのです。

任天堂Wii マイクロソフト]360、アップル iPod nano、ソニーPSP,東芝H保温釜、シャープ、スチームオーブンレンジ、東芝、空気清浄機・・・。

ゲーム系も魅力だけれど、一番ほしいのは保温釜かなあ?


シーサーブログの使い方にやっと慣れたところです。

使ってみると、結構使いやすいです。
上や下やいろんなところに自由形式というフリーエリアを入れることができます。

物販サイトを作っている人が多い理由がわかったような気がしています。

テンプレートの種類は少ないですが・・・・。


リニューアルキャンペーン
リニューアルキャンペーン開催中
Seesaaブログが新しくなりました。デザインはもちろん使い勝手もさらに便利に!
新規登録の方も既にお使いの方もプレゼントが当たるチャンス。

posted by チャト at 15:51| Comment(0) | その他>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

要領のいい子悪い子

昨日、娘の小学校に授業の手伝いに行ってきました。

ユニセフ募金のため、手作りしたものを参観日に売ることになっていて、子ども達はぞうきんを縫ったり、マジックたわしを編んだりしているようです。

一人一人に教えるのが大変だから、保護者の何人かが手伝いに行くことになり、参加しました。

子ども達はみんな楽しそうにがんばっていました。

ただ、どうしても目に入るのは、ポツンと座って一人で作業をしている子どもです。

数に限りがあるミシンは、要領のいい子ども達が陣取っています。

編み物チームは仲良しそうな子どもが固まり、おしゃべり交じりに編んでいます。

いつの時代も同じことが繰り返されているのでしょうね。

家庭科の授業でリュックサックを縫った時、

要領のいい娘は

「クラスで一番早く仕上がった」

と私に自慢していました。

要領の悪い息子は、

「学校のミシンは女子と一部の男子しかほとんど使えない」

と言って、自宅でミシンをかけていました。

懇談に行っていつも感じるのは、先生受けははるかに娘の方がいいことです。

どんなことにしろ、いつもまじめに努力するのはどちらかと言えば息子の方なのに・・・。

教室でポツンと座って、作業をしている子どもがいとおしくてたまらなくなりました。

先生の目にはどのように映っているのでしょう?



posted by チャト at 12:05| Comment(2) | 小学生生活>性格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

東京タワーと親孝行

『東京タワー オカンとボクと、時々オトン』を見ていました。

原作は読んでいないけれど、本当にこころが切なくなるお話です。

子どもを思う母心、そして母を思う子の心。

どちらの立場からも切なさを感じてしまいます。

  主人公のまー君(速水もこみち)のセリフ

「ある人が言った。どれだけ親孝行してあげたとしても、いずれ後悔するでしょう。あーあれもこれもしてあげればよかったと」


両親をすでに亡くしている友人と、時々その話をします。

「せいいっぱいがんばったつもりでも、まだしてあげれたことがあった、そんな思いがいつまでたっても、何年たってもあるよね」

亡くなった母が、亡くなる少し前にいつも口にした言葉を思い出しました。

私が顔を出すだびに

「もう、何にもしてくれんでも充分な親孝行してもらった。もう何もせんでもいいで。もうあふれるほどの親孝行してもらったからね。自分のことしてたらいいからね。何にもできんかったとか思わなくていいから。感謝ばっかりやからね。」

何度も何度も聞いた言葉です。

母は自分の死が近いことを自覚していました。

自分が亡くなった後の私達の心を、少しでも軽くしてやりたいって思っていたのかな?



posted by チャト at 18:08| Comment(4) | 実家の話>大胆な母のエピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

進学塾の特別進学コース

息子の通う塾はイワユル進学塾です。

中学一年生も偏差値で3クラスに分けられ、成績が結構いい息子は最も進度の早いクラスにいます。

すでに中学2年生の一学期の範囲を終わろうとしているそうです。

2年生までに3年間分の授業を終え、3年生は受験勉強だけをするのだとか・・。

だけど・・・・・・。

息子の答案を見ていました。

全く考えているようすのない、解答欄がそこにあり????

わーい(嬉しい顔)「ここ、考えたけどわからんかったん?」

と聞くと、

モバQ「考えたけど、わかりそうになかったから、あてずっぽで書いた」

という返事。

わからない問題をじっくり考えよう!という感じがあまりないのです。

すごいスピードで進んでいるためか、じっくり考えて答えを出している、というより、こういう問題はこの解き方で解く、ということを記憶しているようです。

そのため、覚えていない範囲の問題が出ると、もうあまり考えないようなのです。

これでいいのか???????

まだ、中学1年生。覚えられる範囲なのでしょう。

だけど、考える力がついていなかったらどこかで潰れないのかなあ。

それとも、とりあえず駆け足でいろいろ覚えて、3年になってからじっくり考える力をつけていくのかしら?

息子を見ながら、少し不安を感じていました。
posted by チャト at 17:18| Comment(4) | 塾>ちょっと思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

天才はなぜ生まれるか

天才はなぜ生まれるかという本を読みました。著者は正高信男さん。

エジソン、アインシュタイン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、アンデルセン、グラハム・ベル、ディズニー

彼らは広い意味で学習障害を持っていたとされ、障害があったからこそ天才であったのでは?ということを、生い立ち、学校生活などから分析している本です。

風土、教育制度のため、日本でこのような天才を生み出すことができなかった、と推測されていました。

確かに日本では、一つの欠点があれば子どもを潰してしまう風土があるのかもしれません。

じっとしていられない(多動、ディズニー)
人付き合いが苦手(自閉、ベル)
ボーっとしている(注意欠陥、エジソン)
切れる(癇癪持ち、アインシュタイン)

みんな整理整頓の苦手な人たちだったそうです。

今の日本にもたくさんいます。

そして、子どもを潰してしまう代表が公立の中学校なのかもしれません。

字が乱暴だと点数には結びつきません。

運動神経、手先の器用さ、先生の受けの良さがなければ、内心点は期待できません。

天才候補達は、公立だと高校入試の時に内申書で振るい落されてしまいます。

うちの息子は字がとても汚いです。

学校では字が汚いことをとても注意されています。

塾の懇談で私がそれを言うと、

字にばかりこだわると、彼の考える力を奪ってしまうことになります。こだわらないでください

と言われました。

意外と塾の方が子どもの本質を見抜いているのかもしれません。

もちろん、字の汚い子が天才候補というわけではありません。

ただ、字にこだわり過ぎたり、整理整頓にこだわり過ぎたりすることで子どもを潰してしまうかも?。

本当の意味で個性を尊重できるようになってほしいです。

やっと、日本でも天才候補達に注目して研究されだしたらしいです。

最近、のだめカンタービレがヒットしています。(私も大好き黒ハート

のだめも整理整頓のできない、広い意味での障害がある人物、だから天才?

こういう漫画がヒットするということは、日本人の歴史的偉人が生み出されるのも遠くないのかもしれません。




posted by チャト at 10:56| Comment(2) | 中学生生活>勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。